2016-2-24 涙・・・

僕は、いいところなど一つもないと言っていいほど、いやな人間だった。
ルックスに自信はなく、頭もよくはない。そして、人に平気でうそを吐く卑怯者。
僕に構う人など誰もいなかった。もちろん、避けられているわけじゃない。だけど、僕に興味を持つ人もいなかった。僕自身、それでいいと思っていた。

そんなとき、僕は彼女に出会った。
僕の言う『彼女』というのは、高校の同級生のことだ。席が隣というだけの、特別でもなんでもない関係。だけど、彼女の笑顔がとてもまぶしくて、いつの間にか一緒にいたいと思うようになっていた。
卑怯な僕は、彼女に好かれたいがために、いろいろな嘘を吐いた。彼女は僕の嘘に気づいていないみたいで、話を真剣に聞いてくれた。彼女の意識がこちらに向いているだけで、とても幸せになれた。
その後僕たちは次第に仲良くなり、付き合うに至った。その時に決めたことが一つ。絶対に嘘や隠し事はしないこと。僕は正直困った。だけど、嘘つきはいまさらやめられない。付き合い始めても、僕は今までのままだった。

付き合い始めてから半年が経った。二人で桜を見に行くことになった。
僕はその日、テストで赤点をとってしまったため補習に出なければならなかった。でも、彼女にそんなところを見られたくない。知られたくない。
「ごめん。その日は習い事があるから…」
僕はやっぱり卑怯者だから、嘘で誤魔化した。彼女は信じて疑わなかった。お花見は予定していた日の翌日に延期となった。

そして、花見当日。
集合場所に行ってみると、彼女は肩を怒らせてそこにいた。事情を聞いてみると、前日の補修のことがばれていた。先生から聞いたという。
「なんで嘘なんかついたの。隠し事なしって約束したのに」
彼女の目には、涙が光っていた。
「別に私は頭悪いのが嫌だなんて一言も言ってないのに。それならそれでちゃんと言ってよ。私は、嘘つきが一番嫌い」
彼女は走り去った。集合場所の目印だった満開の桜の木の下に、涙の雫がいくつも落ちていた。地面に吸い込まれてしまっていたから、もしかするとただの水かもしれない。だけど僕はそう思った。
別に人に嫌われてもいい。
前まではそう思っていたはずだ。でも、恐れが止まらない。「彼女に愛想を尽かされたら」と。
自業自得なのだ。たとえそうなったとしても自分が悲しむ資格などない。それでも、一度手にしてしまった幸せを手放したくなかった。

数日後、僕は彼女に謝るべく彼女の家を訪れた。彼女は、「ごめんね。私、怒りすぎちゃった」と逆に僕に頭を下げた。桜は、彼女の一番好きな花らしい。だから、こんなに怒ってしまったのだと、彼女は言った。
彼女が謝ることじゃない。そうは思ったが、なぜか僕は頭を下げることができなかった。やっぱり僕はダメ人間だ、と心から思った。
傷つけたはずなのに、彼女は何事もなかったかのように僕に接してくれる。申し訳ない気持ちでいっぱいになった。
それ以来、僕は嘘をつかないように心掛けている。

そんなある日のこと。

彼女に、脳腫瘍が見つかった。

部位的に切除は難しいとのことだった。そう言われて見れば、最近確かに彼女の様子はおかしいような気がした。なんでもっと早く気付けなかったのか。そればかり悔やんだ。
彼女は泣いていた。僕も一緒に泣いた。男が泣くなんて恥ずかしいかもしれない。それでも泣かずにはいられなかった。
何度も運命を呪った。でも、もうどうしようもなかった。


photo

新規コメントの書き込み