2016-1-16 芸能

ことし秋から放送が始まるNHKの連続テレビ小説は、
戦後の神戸などを舞台に子ども服作りに力を尽くし
≪ファミリア≫を立ち上げた坂野惇子さんをモデルにした
「べっぴんさん」に決まり、
13日、同大阪放送局で発表された。
脚本は、フリーの羽鳥慎一アナウンサー(44)夫人の渡辺千穂氏(43)。
起用の決め手は、女同士の泥沼の闘いを描いた「ファースト・クラス」だった。
※写真は、渡辺千穂氏(右)と、制作統括の三鬼一希プロデューサー

スクリーンショット 2016-01-16 08.48.52

新規コメントの書き込み